セキュリティロックアウトによるストレージのデータ消失

 画面修理とバッテリー交換が最もご依頼の多い修理で修理全体の9割を占めます。画面の破損がひどくても大抵は画面の交換だけで直ります。データ領域には触れないため修理によってデータが消えることはありません

 最近はなぜかあまり見ないのですが、昔は結構遭遇しました。画面の修理で新しい画面を仮付け装着すると「このiPhoneは使用できません iTunesに接続、セキュリティロックアウト待ち時間表示なし」見慣れた私でもドキッとするくらいなので>゜))))彡画面に表れた文字を初めてみる方はさぞかし、とまどいやら息を呑んでしまうのではないでしょうか、これはロック画面のパスコード入力を10回間違えることで起きます。

 画面の損傷がひどくゴーストタッチによる誤入力等、端末に起因することが多いです、他にもロックを解除しようとする行為やお子さまがパスコード画面で遊んでいるときにも起こり得ます。

 待ち時間表示のないセキュリティロックアウトによるリセット後はデータを戻す手立てがありません。もしデータが復旧が可能としたらアップルのセキュリティへの信頼が揺らいでしまうからです。画面が破損するとまれにこの様なリスクがある為、手遅れにならない日頃からバックアップする必要があります。


 10回誤入力でデータ消去を回避する3つの方法
 1つ目は設定でパスコードオフにするです。この方法はセキュリティー上、iPhoneの所有者又は使用者以外の人間が操作することができてしまいます。

 つ目は設定からデータ消去をOFFにするです。セキュリティの面はどうでしょうか、パスコードを入力するにも待つ時間が伴いますのでその分第三者によるロック解除のリスクは低下すると思います。この方法は「このiPhoneは使用できません2時間後にやり直してくださいとか、9時間後にやりなおしてくださいとか」パスコードの誤入力が増えるたびに操作できない時間も伸びていきます。

 一度、画面いっぱいに並んだゼロの多い待ち時間に驚いたことがあります。こうなるともう一生、そのiPhoneは初期化しない限り操作できなくなるのではないかと?_(._.)_? 待ち時間が許容できる範囲ならパスコードが分かればロック解除できるので、10回の誤入力でデーターが消えるよりはましかもです。時間が経過しiPhoneが使用できるようになるとパスコード入力画面が表示されます。

 パスコードを打ち間違えるとまた最初からやりなおしですのでご注意ください。データ消去をOFFにするは、設定のFaceIDとパスコード 又は、TouchIDとパスコードを開き、一番下にスクロールするとあります。

 つ目は王道のバックアップの作成です。バックアップの作成さえしておけば何が起きても大船に乗った気持ちでいられます。修理をやっていて思うのですが、修理前にすでにデータが消失していて落胆するお客様を思うとお気の毒で、きっと大事なデータ、大切な思い出がいっぱいつまっているのかもしれません( ;∀;)… iCloudの同期により条件があるものの電話帳、写真などのデータが残っている場合もあるようです。

 もし突然、意図せぬことが原因でストレージのデータが消えてしまったら( ;∀;)ショックです。ぜひバックアップしていただきたいと願うばかりです。 主観になりますがバックアップ先はパソコンの記録メディアより、iCloudのサーバーにバックアップした方が安心できるのではないでしょうか? iCloudの容量がデフォルトの5GBしかない場合は容量のグレードアップの契約をする必要があります。容量グレードアップの方法は端末の設定から簡単にできます。

 別のデバイスなどにデータ移行する場合はデータを受ける十分なストレージ以外にも、IOSのバージョンの制約があります。


 念のためLINEの設定のトークをバックアップもしておいた方が良いのではないでしょうか。


それでは皆様良いひとときを

 

Follow me!

セキュリティロックアウトによるストレージのデータ消失” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。