詐欺が後を絶ちません

 美しい草花が競うように咲き誇る季節になりました。暖かくなると自然と心も温かくなって気持ちがいいです。行楽シーズンを前に色々、旅の計画されている方も多いのではないでしょうか、私は旅に行く機会もないので、近場に出かけて美しい自然や生き物に癒されたいと思っています。

 美しい自然とは裏腹に社会の陰の部分として詐欺が横行する実情があります。フィッシング詐欺、投資詐欺、取り込み詐欺、振り込め詐欺など後を絶ちません。

 世の中には消費者に誤解を招くような法律に触れかねない表現、手段で物やサービスを販売しているケースもあります。

 私の父も相手を信用し渡したお金を返すからと、更に手形の裏書き詐欺に遭い、債権にこじつけ裁判を起こしてきたので、こちらも弁護士を立て争いました。

 勝訴したものの相手が裁判の前に資産を巧妙に別の法人、個人へと移していたのと、社員に罪を被せて裁判は終結しました。お金が戻ることはありませんでした。その後、代理人を立てずに損害賠償請求訴訟を起こしたのですが一部しか取り戻せませんでした。

 生涯、詐欺に遭遇しないで穏やかに暮らせれば一番良いと思うのですが、詐欺の被害にあってしまうといろんな意味でかなりエネルギーを消耗してしまうと思います。詐欺を企む者がいつなんどき言葉巧みに忍びよってくるかもしれません。

 お金が渡ってしまってからでは時すでに遅しです。世知辛いことは性に合わないと無防備で安易に契約すればまんまと詐欺の術中にはまってしまうかもしれません。私はその手の話は全部断っているからという方は大丈夫だと思うのですが、日頃から予防策を講じておけばいざというときに役立つかもしれません。

 私は「大きな金額」「大きな契約」二つのキーワードを認識したら一旦立ち止まって冷静に色々考えて安易に契約しないようにという意識を持っています。

 修理と関係のない話になりましたが、不安になるような内容になっていたらごめんなさい。普段、無防備の方もいらっしゃると思いますので、詐欺に遭って辛い気持ちになってほしくないので、少しでも何かに気づいていただけたらと思って書きました。それではこの後も、良いお時間をお過ごしくださいませ。

Follow me!

前の記事

総務省登録修理制度 2