キャリブレーション

 キャリブレーションはバッテリーの充電状態を正しく計測するのに役立ち、バッテリー交換後にキャリブレーションを行うことが推奨されています。アップルの工場から出荷されるiPhoneはキャリブレートされているそうです。キャリブレーションの方法は簡単で、当店でもバッテリー交換の際にキャリブレーションをご案内しております。「バッテリーのキャリブレーション」で検索 >してみてください。こちらには世界最大の修理コミュニティiFixitのサイトにキャリブレーションの詳細が紹介されています。キャリブレーションを行なわないと、後々バッテリーの残量パーセンテージが正しく表示されない場合があります。

キャリブレーションの方法

ご都合の良い日に以下3つの手順を完了させてください。

1・フル充電後、少なくとも2時間以上充電を続けます。

2・充電プラグを外した状態で、バッテリーが残量0になって電源が落ちるまで通常通り使用します。

3・それから100%まで中断なくフル充電します。フル充電完了まで充電プラグを抜かないでください。

※バッテリー残量(%)が残っているのに、もし電源が落ちてしまうようなことがありましたら、キャリブレーションが完了していない場合がありますので、再度キャリブレーションを行ってください。 バッテリーの残量が画面の%に正しく反映されていないだけですので残量0%になって電源が落ちる場合とバッテリーの持ち(使用できる時間)は同じです。

Follow me!