iPhoneの防水機能を保つために

 iPhone6S以降発売の機種には各部に防水加工が施されています。一番水が浸入しやすい本体と画面が合わさる面にもシール材が貼られていて。iPhone11シリーズまでは画面開放の際にこのシール材は納豆が糸を引くように破損することが多く、経年劣化よってシール材が溶けて石油に戻りかけているようなドロドロになっているケースもあります。防水機能をもたせるには防水シール材を張り替える必要があります。6Sの防水性能は元々、余り高くありません。

 防水シール材をオプション 無料~200円でお貼りしています。 端末の内部クリーニングもかねてシール材を接着する面を綺麗にして、防水シール材を貼り付けます。純正のシール材に近い伸縮粘着のある使用していますが、念のため水没にはお気をつけください。

 最後に緩衝材を貼りつけた48mm、24mm合板で端末をサンドイッチして、60㎏のおもりで圧着してお客さまにお返ししています。端末が変形している場合やバックガラスが割れている端末は手で押さえる程度になります。

 iPhone12シリーズ以降のモデルの防水シール材は特殊なシール材で、iPhone12以前発売の機種のように糸引きがなく、破損することなく本体側に綺麗に残ることが多く。張り替えるより前述のプレスをかけた方が防水の効果が期待できます。新たに防水シールをお貼りすることもできます。









Follow me!